×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

赤面症克服方



人格障害

赤面症克服法を行おうとする人は、たいていは努力家タイプなので、自分ひとりで行おうという人が多いと思います。そうした人は、精神科の先生に相談することに抵抗を感じるかもしれません。しかし、赤面症・対人恐怖症の症状の根本的な原因が精神的な疾患や、人格障害などである場合には、専門家に見てもらう必要があります。

 

精神の病というと、それによって妄想・幻聴を起こしたり、異常な行動をしたりすることを想像しがちです。しかし、人格障害は、それとは少し異なる状態をいいます。人格障害とは、精神的な疾患であるとは言い切れない状態です。でも、精神状態が不安定であったり、性格に偏りがあったりはします。精神的な病とは「障害」というよりも「混乱」に近いものと思ったほうがいいようです。

 

人格障害は、パーソナリティ障害ともいいます。こうした障害をもつ人の症状のひとつに、赤面恐怖とか対人恐怖などがあります。ですから、自分では赤面恐怖だけしか自覚症状がなくても、じつは他のいろいろな症状あることがあります。そうした症状は、専門の医師に見てもらうことではじめてわかることがあります。

 

専門家の医師にとっても、人格障害は非常に扱いづらいことが多いといいます。でも、適切な治療を行うことで、根本的な治療が可能になるケースが多いことも確かです。一度は専門家の診断を受けるべきだと思います。